Setting Manual

JINKEI CloudFormation List から希望の陣形を選択

settingmanual_01JINKEI CloudForomation一覧から希望の陣形を選択します。

 

JINKEI CloudFormation が決まったら起動開始

settingmanual_01JINKEI CloudForomation一覧から希望の陣形が決まったら詳細ページの【Launch with 1-Click】ボタンをクリックします。

ドロップダウンで表示されたリージョンを選択します。

※サイトのアクセスがもっとも多いと考えられる地域を選択します。
日本向けサイトの場合は【Tokyo】にします。

 

Amazon Web Services にログインする

settingmanual_01Amazon Web Servicesにログインします。

未だアカウントをお持ちでない方は、コチラをご覧下さい。

 

Stack を作成します

settingmanual_01【Stack Name】
任意の名前を入力します。

【Provide a Template URL】
自動的にテンプレートが選択されます。

入力が完了したら【Continue】をクリックします。

Stackに必要な情報を入力します

settingmanual_01【Instance Type】
m1.smallが自動的に入力されます。

インスタンスタイプを変更する場合はそのインスタンスタイプ名に変更してください。

【KeyName】
KeyNameを入力します。

EC2インスタンスにログインするSSHキーの名前を入力してください。

入力が完了したら【Continue】をクリックします。

 

Stackのタグを編集します

settingmanual_01【Continue】をクリックします。

 

Stackを構築します

settingmanual_01起動する内容を確認したら【Continue】をクリックし起動します。

 

Stackの構築完了

settingmanual_01構築するStackの内容を確認したら【Close】をクリックします。

 

Stackの構築状況を確認します

settingmanual_01構築されたStackを選択すると進行状況が表示されます。
【Refresh】をクリックすると表示が更新されます。
Status がCREATE_COMPLETEになったら構築完了です。

 

サイトにアクセスします

settingmanual_01【Outputs】タブに表示されたURLをクリックしサイトにアクセスします。

WordPressのインストール

settingmanual_01WordPressのインストール画面が表示されます。

これでJINKEI Cloud Formationの立ち上げが完了です。

その他、陣形Formationをお探しの方は一覧ページよりお探し下さい。

 

 

 

 

 

 

 


CloudFormation JIN-KEI List

Mautic Powered by JINKEI (Amazon Aurora Backend)

OSSのMA(マーケティングオートメーション)ツールであるMauticをAWSで利用するためのテンプレートです。Amazon AuroraをDBエンジンに利用することで、より多くのデータを高い耐障害性とパフォーマンスで利 […]

Simple Stack(HHVM Amazon Aurora with WooCommerce)

AMIMOTO AMIにはより高速な処理を実現するHHVMを採用、DBエンジンにMySQLの最大5倍のパフォーマンスを発揮するAmazon Auroraを利用し、WooCommerce向けプラグイン・テーマをプリインスト […]

Simple Stack(Apache HTTPD PHP7 Amazon Aurora Backend)

.htaccessが利用可能なApacheバックエンド版のAMIMOTO AMIを採用、DBエンジンにMySQLの最大5倍のパフォーマンスを発揮するAmazon Auroraを利用した中規模メディアサイトにオススメのテン […]